■1949年 第三の男/The Third Man イギリス映画

■1949年 第三の男/The Third Man
画像


1949年に公開されたイギリス映画。
舞台は第二次世界大戦後、オーストリアの首都・ウィーンが
四ヶ国(米英仏ソ)による四分割統治下にあった時代。
当時酒場などで聴けたというツィター(アントン・カラス演奏)の
メロディをBGMに物語の幕が開く。

この映画のラストシーンは映画史に残る物だと
私は思っています。
今迄は音楽に関連しない物は掲載していませんでしたが
この映画のラストシーンだけは,ぜひ見ていただきたいと
思いますので、掲載しました。
ぜひ見て下さい。
本当は実際に映画を見ていただき,その流れの中で
ラストを見るとその良さが判ると思います。

"●The Third Man Theme"



●The Third Man◆ラストシーン



●スタッフ
 監督、制作:キャロル・リード
 原作、脚色:グレアム・グリーン
 撮影:ロバート・クラスカー
 音楽、ツィター演奏:アントーン・カラス
●キャスト
 アリダ・ヴァリ/ハリーの恋人:アンナ・シュミット
 トレヴァー・ハワード/ 英国のMP:キャロウェー少佐
 オーソン・ウェルズ/マーチンスの親友:ハリー・ライム
 バーナード・リー/キャロウェーの部下:ペイン軍曹
 ウィルフリッド・ハイド=ホワイト/GHQ職員:クラビン
 エリッヒ・ポント/ハリーの主治医:ビンケル医師
 エルンスト・ドイッチュ/ハリーの親友:クルツ男爵
 ジークフリート・ブロイアー/ハリーの親友:ポペスク
 パウル・ヘルビガー/管理人
●受賞歴
 アカデミー賞(1950年)/撮影賞(白黒部門)
 カンヌ国際映画祭(1949年)/グランプリ
 英国アカデミー賞(1949年)/作品賞(国内部門)
●1950年のアカデミー賞では撮影賞(白黒部門)を受賞し、
 監督賞と編集賞にノミネートされた。


第三の男 [DVD]
ファーストトレーディング
2006-12-14

ユーザレビュー:
「Lost In T ...
不朽の人間ドラマ ミ ...
既に伝説の名画 良い ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック