◆この胸のときめきを/ダスティー・スプリングフィールド 1966年

◆この胸のときめきを/ダスティー・スプリングフィールド 1966年
画像


1963年、スプリングフィールズを脱退してダスティーはソロ・シンガーに転じ、
I Only Want To Be With You(「二人だけのデート」)によってデビューした。
1966年には、You Don't Have To Say You Love Me(この胸のときめきを)が、
彼女にとって初の全英1位(全米では最高位4位)に輝いた。

この歌はカンツーネのカバーで、後にエルビス・プレスリーもカバーし
映画「エルビス・オン・ステージ」の中で歌われ、ヒットした事でも知られる。
私が聞いたのは,エルビスの歌を先に聴きフィードバックして
ダスティーの歌を聴いたと言うのが、面白いところです。
逆もまた真なり。!?

この胸のときめきを/ダスティー・スプリングフィールド
You Don't Have To Say You Love Me/Dusty Springfield




THE BEST 1200 ダスティ・スプリングフィールド
ユニバーサル インターナショナル
2005-06-25
ダスティ・スプリングフィールド

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック