韓国ドラマostの第34弾!。 タイトルは「快刀ホン・ギルドン」からの2曲の紹介です。

今回は韓国ドラマostの第34弾!。
タイトルは「快刀ホン・ギルドン」からの2曲の紹介です。

快刀ホン・ギルドン(かいとう ホン・ギルドン 、
原題:『快刀 洪吉童』、쾌도 홍길동)は、
KBS(韓国放送公社)制作のドラマ。全24話。
2008年1月2日初回放送視聴率は16.2パーセント
(TMSメディアコリア調べ)。
日本では民放や、BS朝日(2009年11月23日から2010年5月17日まで放送され、
2010年6月15日から2010年7月16日まで再放送された)、
KBSワールドなどで放送されている。

●概要
韓国の国民的ヒーロー洪吉童の物語を現代的に大幅にアレンジした
“フュージョン時代劇”と銘打っている。
若手の人気俳優を配し、またオリジナル・サウンドトラックには
少女時代が参加しているなど視聴率獲得を意識しており、
低迷が続いた水木ミニドラマ枠を初回放送で久々の2桁視聴率に押し上げた。

なお、作品中に同じ古典である『沈清伝』
(ちんせいでん/シムチョンジョン)が一部取り入れられ、
『美少女戦士セーラームーン』のパロディも含まれている他、
キョンシーなども登場する。

また、庶子である王グアンフィと、嫡子であるその弟チャンフィ、
という関係は「洪吉童伝」執筆当時の王である光海君と、
その異母弟である永昌大君をモデルにしている。
史実の光海君も劇中の王と同じく、
即位から15年で廃されて江華島へ流されているが、
彼がそもそも世子に立てられた理由の大きな一つとして、
豊臣秀吉による朝鮮出兵があったという事実にまでは作中では言及されていない
(もっとも、戦後の復興もだいぶ進んだ頃に嫡子である永昌大君が誕生したため、
晩年の宣祖は光海君を廃し、永昌大君を世子に立てることを考えていた)。

また、宮中に妓生を引き入れ遊興に耽る王という設定は、
「洪吉童伝」の舞台となっている時代の王である燕山君をモデルにしている。
なお、光海君時代の中国の王朝はまだ明だったが(明の滅亡は1644年)、
作中では中国の呼称は清国に統一され、
登場する中国人の服装も清代のものになっている。
脚本は『快傑春香』(原作、『春香伝』)を手がけた
ホン・ジョンウン、ホン・ミラン姉妹が担当した。

画像

CD番号順に紹介します。
番号は韓国盤の番号です。
今回は
 01 私は縁起が良い-歌:NO BRAINと
 02 もしも-歌:少女時代テヨンです。
今回の中で「02 もしも-歌:少女時代テヨン」が
一番良い曲だと思います。
ドラマの評価迄上げる程です。

他は聞いてからご判断下さい。
珍しく全曲アップされていました。
全曲紹介します。

●Hong Gil Dong Ost Track 1: My Luck is Great (No Brain)
 韓国盤 01 私は縁起が良い-歌:NO BRAIN


●Hong Gil Dong Ost Track 2: If (Taeyeon of SNSD)
 韓国盤 02 もしも-歌:少女時代テヨン




■快刀 ホン・ギルトンOST CD 日本盤
画像

1. 僕はラッキーボーイ
2. もしも
3. 青き星
4. 初めてなのに
5. 小さな舟
6. 縁
7. 新・春香歌
8. U can’t stop (keep on moving)
9. 平原
10. WAVE OF REV.
11. merry-go-round
12. The Day
13. 許し
14. 床屋のおじさんと美容室のお姉さん
15. 秘密の部屋
16. 活貧党
17. 愛のはじまり
18. :Last Tango
19. シャボン玉
20. 剣
21. 快刀 洪吉童


■快刀 ホン・ギルトンOST CD 韓国盤
画像

01 私は縁起が良い-歌:NO BRAIN
02 もしも-歌:少女時代テヨン
03 青い星-歌:キム・ヒョンジュン
04 初めてなのに-歌:キム・ヨンウ
05 小さい船-歌:少女時代
06 縁-歌:パク・ワンギュ
07 新春香歌-歌:キム・ウンヒ
08 U can't stop (keep on moving)
09 広野
10 WAVE OF REV.
11 merry-go-round
12 The Day
13 容赦
14 床屋おじさん美容室お姉さん
15 秘密の部屋
16 活貧党
17 愛の始まり
18 Last Tango
19 シャボン玉
20 剣
21 快刀ホン・ギルド



快刀 ホンギルトン オリジナル・サウンドトラック
ポニーキャニオン
2008-09-17
TVサントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 快刀 ホンギルトン オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック